WordPress

WordPressのパーマリンクの適切なつけ方と設定方法

WordPressのパーマリンクの適切な付け方と設定方法

こんにちは、まるこぼーろです。(@shokoofficial1)

パーマリンクは記事を更新する前に設定するURLのことです。

パーマリンクは適切な設定方法があります。パーマリンクが長すぎたり、適当に設定していると問題が起こることもあります。

そこで今回は、WordPressのパーマリンクの適切な付け方と設定方法を紹介していきます。

この記事はこんな人におすすめ
  • パーマリンクが何かわからない
  • パーマリンクの設定の仕方がわからない
  • パーマリンクを適当に設定している
ズボラ神
ズボラ神
パーマリンクはしっかり理解しておこうね!

パーマリンクとは?

パーマリンクとは記事投稿画面のタイトルの下に表示されているURLのことです。

固定URLともいわれています。

パーマリンク

このパーマリンクは、ユーザーがURLを見て記事内容が一目でわかることや、Googleのクローラーにどういう記事なのか理解してもらうためのものです。

パーマリンクをしっかり設定しておくと、自分でも記事管理しやすく、解析もしやすくなります。

パーマリンクの適切な付け方

Google Search Consoleヘルプページには、パーマリンクについてこんな記載があります。

シンプルな URL 構造を維持する

サイトの URL 構造はできる限りシンプルにします。論理的かつ人間が理解できる方法で(可能な場合は ID ではなく意味のある単語を使用して)URL を構成できるよう、コンテンツを分類します。

(中略)

URL では区切り記号を使うと効果的です。http://www.example.com/green-dress.html という URL の方が、http://www.example.com/greendress.html という URL よりずっとわかりやすくなります。

URL にはアンダースコア(_)ではなくハイフン()を使用することをおすすめします

引用:Search Console ヘルプページ

 

上記の記載をまとめるとこうなります。

パーマリンクの付け方
  • パーマリンクはできる限りシンプルに
  • 人間が理解出来る方法でつける
  • IDではなく意味のある英単語を使う
  • 意味の無いパーマリンクはユーザーの関心を引くことができない
  • 区切り線を使うと効果的
  • アンダースコア(_)ではなくハイフン(-)を使用する

さらに、複数の単語が組み合わさった長いパーマリンクは、Googleのクロールの際に問題が生じることがあるとも記載されています。

Googleがシンプルで人間が理解出来るURLをつけることを推奨してるので、推奨通りにパーマリンクを設定していきましょう。

この内容にそってパーマリンクを考えていきます。

ズボラ神
ズボラ神
Googleが推奨してるなら、推奨通りにやらねば!

おすすめのパーマリンク構造

おすすめのシンプルなパーマリンク構造を説明していきます。

⬇︎サイト設計ができていて、カテゴリを変える予定のない場合

  1. https://maruconlog.com/カテゴリー名/投稿名

⬇︎長期的な運営を考えていて、カテゴリを変える可能性がある場合

  1. https://maruconlog.com/投稿名

サイト統計が出来上がっていて、今後カテゴリーを変える予定のない人は、パーマリンクにカテゴリ名と投稿名を記載しましょう。

長期的な運営を考えていて、カテゴリーが変わる可能性のある人は、パーマリンクに投稿名のみを記載しましょう。

自分のサイト設計によってカテゴリー名を入れるのか、いれないのか判断してください。

ズボラ神
ズボラ神
この2つがシンプルで人間にも理解しやすい構造だよ!

パーマリンク構造の設定方法

Googleが推奨するパーマリンク構造を考慮しながら、WordPressでパーマリンク設定していきます。

WordPressのダッシュボードにログインして、「設定」→「パーマリンク設定」をクリックします。

パーマリンク設定

すると、パーマリンク設定のページが開きます。

パーマリンク設定画面

パーマリンクを選ぶ項目がいくつかありますが、Googleが推奨するパーマリンクに設定する場合は、カスタム構造を選択してください。

カスタム構造を選択すると、自分で自由にパーマリンクを設定することができます。

カスタム構造の組み合わせ
  1. カテゴリー名/投稿名➡︎%category%/%postname%
  2. 投稿名➡︎%postname%

カテゴリ名と投稿名をカスタムする場合

今後カテゴリーを変える予定がない人は、カテゴリー名とページ名をカスタムします。

カテゴリー名を入れるスラッグが1つ増える形になります。

例:WordPressカテゴリーのパーマリンク設定記事の場合

➡︎https://maruconlog.com/wp/permalink-setting/

(WordPressの単語は長いので”wp”に短縮しています。)

投稿名をカスタムする場合

今後カテゴリーを変える可能性のある人は、投稿名をカスタムする。

例:パーマリンク設定記事の場合

→https://maruconlog.com/permalink-setting/

  • パーマリンクはなるべくシンプルにつけること
  • ローマ字表記ではなく、ちゃんとした英単語を使用すること
  • アンダースコア(_)ではなくハイフン(-)を使用すること

パーマリンクのカスタム設定ができたら「設定変更」ボタンをクリックして、パーマリンク設定は終了になります。

ズボラ神
ズボラ神
構造設定はこれで終わり!

パーマリンクは記事投稿の前に変更する

パーマリンク構造の設定が完了したら、記事投稿の前に適切なパーマリンクに変更しましょう。

パーマリンクは最初日本語で表示されています。パーマリンクを変更せずにうっかり投稿してしまったということのないようにしましょう。

パーマリンクの「編集」をクリック。

パーマリンク変更画面

中身を適切なパーマリンクに変更する。

パーマリンク変更

変更できたら「OK」ボタンをクリックして、パーマリンク変更の完了です。

パーマリンク変更

記事投稿の前には、毎回設定することになります。

初心者の方は少し面倒だと感じるかもしれませんが、慣れてしまえば流れ作業のように変更できるようになります。

慣れるまで頑張りましょう!

ズボラ神
ズボラ神
慣れるまでの辛抱だよ!

パーマリンクを設定するときに注意する2つのこと

パーマリンクを設定するときに2つ注意することがあります。

日本語を使用するのは禁止!

パーマリンクに日本語を使用するのはやめましょう。

  • Googleのクローラーが正常にサイトを判断できない可能性
  • WordPressバージョンによっては404エラーになる
  • 外部リンクやトラックバックで404エラーになる

このような危険があるので、パーマリンクに日本語を使用することはやめましょう。

パーマリンクは1度設定したらなるべく変えない

パーマリンクは一度設定したら、なるべく変えないようにしましょう。

パーマリンクを途中で変えると様々な問題が起きます。

  1. 外部サイトからのリンクが無効になる
  2. 内部リンクが無効になる
  3. 検索結果に表示されたリンクに飛べなくなる

せっかくブックマークされたものや外部サイトに貼ってもらったリンクが全て無効になってしまいます

パーマリンクを変更した後、リダイレクトでURLを一括変更することもできますが、設定が大変です。

そうならないためにも、一度設定したパーマリンクはなるべく変更しないようにしましょう。

パーマリンクはシンプルで簡潔に!

パーマリンクについて説明してきましたが、Googleが推奨されてるパーマリンクをつけることをおすすめします。

長すぎるパーマリンクや適当なパーマリンクは、Googleのクローラーに影響を与える可能性があります。

Googleにも人にもわかりやすい、よりシンプルで簡潔なものを設定するようにしましょう。

ズボラ神
ズボラ神
この記事を書いたのはまるこです(@shokoofficial1)
よかったらTwitterフォローしてね♪
ABOUT ME
アバター
ズボラ神まるこ
3児のズボラママ。別ブログ74記事で月5万円達成。 Twitter1ヶ月でフォロワー500人増。 ズボラを極めるために、日々戦っている。 初心者のための月3万稼ぐ方法を発信していく。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください