WordPress

エックスサーバーでSSL化する手順を紹介!無料で簡単にできるよ!

エックスサーバーでSSL化する方法

こんにちは、まるこです(@shokoofficial1)

エックスサーバーでのSSL化は、サイト評価の上がるもので、ブログ運営している人は必ずするべき設定です。

そして、エックスサーバーでのSSL化は無料!!他のサーバーだとSSL化にお金がかかるものもあります。

この記事は、エックスサーバーの契約後に読んでほしい記事です。

契約がまだの方は先にエックスサーバー契約を行ってください。

 

\10日間無料で試してみる!/
10日間無料で試せるエックスサーバーに登録

 

SSL化する前に注意すること

SSL化はサイトが安全だと証明するもので、ブログ運営をしている人は、必ずやるべき設定です。

ですが、SSL化は様々な不具合が起こります。私の場合もSSL化後に不具合がおこりました。

サイトの記事数や画像数が増えていれば増えているほど、不具合が起こる可能性があります。

ズボラ神
ズボラ神
SSL化した後はサイトのチェックを忘れないで!
不具合が起こる例
  • 画像の一部がSSL化されない
  • ボックスデザインが崩れる
  • ショートコードが反映されない
  • アイキャッチサイズが崩れる

私の場合は、テーマをJINに変更後にSSL化をし、前回使っていたテーマのショートコードが表示されなくなりました。

>>>WordPressテーマ「JIN」レビュー!SimplicityからJINに変更しました!

SSL化後の不具合はこの記事を参考にしてみてください。

>>>SSL化での不具合!SimplicityからJINへの変更が原因?

エックスサーバーでSSL化する手順

SSL化は、サイトが安全ということを保証してくれるものです。

SSL化することによってネット上の個人情報を暗号化して、悪い人に渡らないようにしてくれます。

Safariからみると鍵マークが表示され、GoogleChromeからみるとURLで確認することができます。

SSL化後のURL

↑このように鍵マークがつき「http://」が「https://」となります。

お問い合わせフォームなどに記入された、相手の情報を守るためにも、必ずSSL化は行いましょう!

それではエックスサーバーで、無料でSSL化する手順を初心者にもわかりやすく説明していきます。

ズボラ神
ズボラ神
とっても簡単だよ〜!

エックスサーバーへログイン

エックスサーバーでSSL化するために、まずエックスサーバーの「サーバーパネル」にログインします。

エックスサーバーサーバーパネル

IDとパスワードを入力します。

サーバーパネルログイン画面

IDとパスワードを忘れてしまった人は【サーバーアカウント情報】のメールを探しましょう。

インフォパネルとサーバーパネルのIDとパスワードは別なので注意!

SSL化したいサイトを選ぶ

サーバーパネルにログインできたら、ドメインの欄にある「SSL設定」をクリックします。

サーバーパネルSSL設定

そして、SSL化したいサイトの「選択する」をクリック

ドメイン選択画面

独自SSL設定の追加

独自SSL設定の追加をしていきます。

独自SSL設定追加」タブをクリック。

独自SSL設定追加画面

次に、SSL化したいドメインを選び「追加する」をクリック。

独自SSL設定追加画面

これで独自SSLの追加が完了です。

独自SSL設定追加画面
少し待ち時間があることがありますが、基本的にはすぐSSL設定追加が完了します。

 

横の「SSL設定の一覧」タブクリックをして、SSL化したいサイトが表示されているか、確認してください。

SSL設定一覧画面

登録されていることが確認できたら、一旦、ここでサーバーパネルから離れます。

あとで、もう1つ設定があるから開いたままでOK!

 

サイトで確認(反映には1時間)

登録したサイトがSSL化されているのか、確認します。

URLに鍵マークと「s」が付いているかを確認してください。

 https://〜

反映には1時間ほどかかります。

すぐ確認しにいっても「プライバシーが保護されていません」と出ますので、気長に1時間待ちましょう!

ズボラ神
ズボラ神
少し不安やけど、おとなしく待ってね!

 

サーバー契約と同時にSSL化する場合はこれでSSL化完了です!

以下の設定は、ワードプレスをインストール後に行ってください。

 

WordPressでURLを変更する

サイトが何も無かったかのように表示されたら、次はWordPressの設定をしていきます!

WordPressにログインし、URLを変更していきます。

ワードプレスログイン画面

ログインができたら「設定」→「一般」の順に選択します。

ダッシュボード一般設定画面

ここに表示されているURLはまだ「s」がついていない状態です。

ここに「s」を追加します。

  • WordPressアドレス(URL)
  • サイトアドレス(URL)

この2つの箇所を変更してください。

URL変更設定

変更したら「変更を保存」をクリック。

アドレス(URL)に”www”は加えないようにしましょう。

"www"なしで登録する

アドレスに”www”を加えると、”www”が入力されている場合でないと、サイトに移動できなくなります。

“www”なしで入力すると、”www”ありでも、なしでもサイトに移動することができます。

301リダイレクト設定

WordPress内の設定が終わったら、http://からhttps://に自動で転送するための設定(301リダイレクト設定)を行っていきます!

再度、サーバーパネルを開いてください。

次はホームページの中にある「.htaccess」をクリック。

サーバーパネル画面

そして、先程SSL化したサイトの横にある「選択する」をクリック。

ドメイン選択画面

選択するをクリックするとページで警告が出てきますが、大丈夫ですよ〜!

「.htaccess」編集画面
ズボラ神
ズボラ神
コードをコピーして貼り付けるだけだから安心してね。 

 

「.htaccess」編集画面

.htaccess編集」のタブをクリックします。

「.htaccess」にコードを追加する

「.htaccess編集」タブをクリックした時、このような画面になっているかと思います。

「.htaccess」編集画面

このコードの1番上に、今から記載するコードをコピーして貼り付けてください。

「.htaccess」編集画面

すでに記載されているコードは人によって違うこともあるようです。違っていても、気にせず1番上にコードを貼り付けてください。

全部をコピーして貼り付けましょう。

コードをいれたら「.htaccessを確定」をクリックしてください。

 

「.htaccess」編集完了画面

このページが出たら編集完了です。

これで「http://〜」のアドレスを入力しても自動で「https://〜」に転送してくれるようになります。

SSL化はなるべく早くしよう!!

SSL化は入力データを悪質な人達から守るものです。そしてサイト評価にも繋がるものです。

今後は、SSL化してあるサイトと、SSL化していないサイトの違いがもっとわかるようになるとも言われています。

 

設定がすごく難しいわけではないので、まだSSL化をしていない人はすぐに設定を行いましょう。

そして、記事数が増えれば増えるほど、SSL化後の不具合修正が大変になります。

記事数が少ないうちにSSL化をしてしまいましょうね!

 

続いて、SSL化後に必ずするべき3つの設定を紹介していきます

>>>ブログのSSL化後に必ずするべき3つの設定

https://maruconlog.com/blog-after-ssl/737/

 

ズボラ神
ズボラ神
この記事を書いたのはまるこです(@shokoofficial1)
よかったらTwitterフォローしてね♪

 

ABOUT ME
アバター
ズボラ神まるこ
3児のズボラママ。別ブログ74記事で月5万円達成。 Twitter1ヶ月でフォロワー500人増。 ズボラを極めるために、日々戦っている。 初心者のための月3万稼ぐ方法を発信していく。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください